和室の床の間に自作の収納テレビボード

築47年の我が家のリビングには、昔ながらの床の間と吊り押入れがどどーんと控えています。

こちらは引っ越前の様子です。

さすがに掛け軸や生け花を飾る生活は向いてないので、部屋の広さを考えても、床の間はテレビを置くスペースとして活用するしかありません。

ただ、今まで使っていたテレビボードを置くだけでは、空間を持て余してしまって、しっくり来ない気がして・・・

引っ越しを期にインテリアショップに通う中で実感したのが、今は壁面収納タイプのテレビボードが豊富にあるんですね。
これを床の間に置いて使えば、部屋がすっきりして良いのではないかとも考えましたが、予算オーバーで諦めました。

そこで、
我が家では自作のテレビボードを作ることにしました!

自作と言うよりも、正直に言うと、たまたま別の目的で使っていた物を床の間に並べてみたら、まるで既製の一体型のテレビボードを買ったかのように、しっくりと来てしまったんです!

内訳はと言いますと、団地でもともと使っていたテレビボードと、別の部屋で使っていたホームセンターで買った収納ボックス2つです。
ただこれだけなのですが、ちょうど色味が同じだったので、全く違和感がないんです。

これだったら、テレビの横にお花も飾れるので、私としても大満足です。

今はテレビのチューナーなどを剥き出しで置いていますが、機械が目立たないように、少しずつ整えて行きたいと思っています。