続・気分転換に部屋の模様替えのすすめ 

外出を自粛する日々が続く中、前回は久しぶりに玄関の模様替えをしてみました。

前回の記事はこちら→気分転換に部屋の模様替えのすすめ「玄関編」

すると意外に家族に好評で、「いつもの玄関と全然違っていて、家に帰って来たのに、何だかレストランに来たみたい」なんて言われてちょっといい気になった私。

そんな嬉しいことを言ってくれるならと、今度はリビングの一角をフレンチレストラン風にアレンジしてみました。

当然新しい雑貨を探しに、気軽に買い物には行けません。
自宅にある物をあれこれ出して来て、うん、これはしっくり馴染むな、これはちょっと不釣り合いかな?と出したり引っ込めたり、試しに写真を撮ってみたりするのが、これまた楽しくて。
あっという間に時間が経っていました。

こういう場面にこそ、コルクがいい味を出してくれます。

こちらはヨーロッパの静物画をちょっと意識して、フルーツをお皿に盛ってみました。ぶどうに見せかけて、実はシャリンバイと言う、木の実のドライフラワーだったりするんです。
だまされちゃうでしょ?

今回も、いつもの我が家とは全然違う、雰囲気の空間が出来上がりました。
さあ、今夜はどんな反応があるかな。