飾って楽しむ春の使者”ふきのとう”

立春も過ぎ、暦の上ではもう春。
小さな春を見つけにお散歩に出かけました。

私にとっての小さな春の象徴は何と言っても「ふきのとう」。
そう、他のどんな物よりも、一番に顔を出して来る山菜です。
あのなんとも言えない苦味が、たまらなく好きなんです。

今年は暖冬だったので、かなり期待はしていましたが、やはりありました!
すでに何本ものふきのとうが、にょきにょきと伸びています。
ふきのとうの花畑、こんな光景はなかなか見られません。

天ぷらなどにして食べるには、このくらいのサイズが美味しいんです。

ここまで大きくなると、もはや花束ですよね。

とりあえず目に付くふきのとうは、全て摘み取って来ました。

まず、料理に使うものはキッチンにディスプレイ。

横一列に並んで可愛いでしょ。

大きく伸びすぎたものは、お花としてテーブルに飾りました。

せっかくなので、先日のムスカリ達にも仲間入り。

おかげで春まっさかりの我が家です。

食べるだけではなく、飾る楽しみも味わえるふきのとう。
探しに出かけてみませんか?