球根付きのムスカリの切り花みつけた

先日、春を先取りするために、お花でも家に飾ろうかなと、お花屋さんに立ち寄ってみました。

店内には色とりどりのチューリップが沢山。
でも、そんな中で私の目を引いたのが、お花たちの足元にそっと置いてある、淡いブルーのムスカリの花でした。ぶどうのような形をしたお花がとっても愛らしいムスカリは、プランターなどで育てたことはありました。
でも、まさか球根付きのものが切り花として売られているとは。

お店の方に聞いてみると、最近少しずつ市場に出回るようになったけど、数は多くはないとのことで、もちろんこの子達をお持ち帰りしました。

まずはワイングラスに。

せっかくの球根を見せるには、やはりガラスの器が一番ですね。

それにしても可愛いらしいお花。
下から順番にお花が開いていくので、しばらくは楽しめそうです。

1本ずつ、高さや形の違う器に入れるのもまた楽しい。

なんだか、お花たちがひそひそ話をしているみたい。

そして、最終的に今回我が家で一番しっくり来た場所は、トイレでした。

お店の方に気温の低い場所に飾った方がお花が長く楽しめると伺ったのと、せっかくの香りを楽しむためには、出来るだけ狭いスペースに置いてあげた方が良いかなと思ったからでした。

球根付きの切り花は、ムスカリの他にもヒヤシンスなど、まだまだあるみたいなので、近いうちにまたお花屋さんに行って見たいと思います。