ヘクソカズラにときめきを感じたクリスマスリース

先日、いつもとは違う道を通ってお買い物へ。

そうしたら、生け垣に宝物を見つけました。
木に絡まっているのをそっと外していくと・・・

まさに”クリスマスカラー”全開の金色に輝くヘクソカズラ。

”ヘクソカズラ”、その名前にはびっくりするし、実際ドライになる前に放たれる臭いはかなりすごいのですが、ツル性のとっても可愛い植物です。

こんなにきれいな色の物に巡り合ったのは久しぶりだったので、テンションが上がってしまいました。
手に持って歩いて帰りながら、何に使おうかウキウキ。
この思いにふける時間が一番楽しかったりします。

そして思いついたのが、少し前に作ったワインコルクのリースに加えてみようかなと。

これはこれで、シンプルで良かったのですが、ヘクソカズラをプラスしたら、ナチュラルなのにキラキラリースに変身。

クリスマスに近づくにつれて減っていくシュトーレンとは反対に、このリースはクリスマスに向かって飾りを増やしていくと言う楽しみを発見した日でもありました。

自分でカスタマイズ出来る、手作りのリースならではの楽しみ方かもしれません。

サンタさん我が家はこのリースが目印ですからね!