ワインのコルクで楽しむクリスマスリース

11月も後半に入り、あちこちでクリスマスソングが流れる季節になりました。

今年のクリスマスには、気軽に手作り出来るワインコルクを使ったリースはいかがでしょうか?

ん、そもそも家にコルクがない?
そう言う場合は、行きつけのレストランなどにお願いすれば、きっと譲ってもらえるはず。
私もいつも知り合いのイタリアンのお店に頼んでます。
お店の方もゴミとして捨てるよりは、何かに活用してもらえる方がずっと嬉しいと思いますよ。


それにしても、コルクって不思議な存在、コップに入れてるだけで、既にクリスマスの雰囲気を感じます。
下に敷くものをクリスマス模様にすれば、立派なクリスマスの飾り付けになりそうですね。

でも、せっかくなので今日はリースを作ってみましょう。

リース作りの材料はコルク、リースの土台、そしてグルーガン。
最低でも、これだけあればリースが出来ちゃいます。

リースの土台は今では百円ショップでも手に入りますが、私は山で取って来たツルをくるくる巻いて使っています。
グルーガンとは手芸やDIYで良く使われている、スティック状の樹脂を溶かして接着する道具。
これも百円ショップで購入可能です。
本当に便利な世の中ですね。

さあ、あとはコルクにグルーガンを付けて、バランスを見ながらリースの土台に固定していくだけです。

あっという間に出来上がりました!
土台が見えない位に、コルクをびっしり付ける方法もありますが、今回は個性的なツルの形を活かすため、あえてコルクの数を少なくしてみました。
なので、本当にあっという間に作れちゃいます。

コルクだけではさすがに少し寂しい印象だったので、段々とクリスマスカラーに色づいて来たオキナワスズメウリも加えてみました。
赤と緑のリボンを付けたり、ドライフラワーを加えたり、アレンジは自由自在。

グルーガンの取り扱いに注意さえすれば、お子様と一緒に作ってみるのも良いですね。
想像力を膨らませて、世界にたった1つのクリスマスリース作りを楽しんでください。