今日10月11日は十三夜、お月見日和

秋もいよいよ本番、近頃お月様がとってもきれいだし、ススキがあちこちで見られるようになりました。

そろそろお月見だーと思って、お散歩途中に近所の空き地からススキを少し拝借して来ました。

ところがところが、私としたことが、「十五夜」は9月に既に終わっていたんですね・・・
あまりの暑さで、秋を感じる余裕が全くありませんでした。

でも大丈夫!
本日10月11日(金)は「十三夜」と言って、十五夜の次に美しい月が見られる日だったのです。
十五夜の”中秋の名月”に対して、十三夜は”後の名月”(のちのめいげつ)と呼ばれていて、今年の十五夜のお天気がどうだったかは覚えていませんが、十三夜の方が晴れになる確率も高いそうなんです。

安心したところで、ススキとお団子をリビングにセッティング。
今年の我が家のお月見は、ちょっと洋風にしてみました。

ススキを飾るのはお月様のようにきらきら光る、スパークリングワインの空ボトル。

そして、お団子は以前ご紹介したフランスのオリーブ用の器に盛りつけてみました。
こちらも色がお月様にちょうど合っているし、爪楊枝入れと、みたらし餡入れもあって、とっても良い感じ。

みたらし餡をつけると、あら、ここにもお月様みいつけた。

皆さまも素敵な夜をお過ごしください。