やっと眠りから覚めたスカーフたち

かれこれ20年以上前に、どうしても1つに絞り切れず、3枚もフランスから買って来てしまった大判スカーフ。

200年前から続くプロバンス地方の織物ブランド「Les Olivades」(レゾリヴァード)のスカーフです。
南フランスの太陽の光を浴びて育った、お花や植物のモチーフがとても素敵なんですよ。

紺色の物は色も合わせやすいので、独身時代からスカーフとして愛用していました。

でも、他の色はなかなか自分の着こなしに活かすことが出来なくて・・・
時々参加する料理教室の時に三角巾として使ったりするだけで、タンスの中に入れっぱなしだったのです。

そこで、せっかくフランスから3枚も買って来たのに、このままではもったいない!と使い道を考えてみました。

ローズ色はティッシュケースカバーに。

リビングに差し込む光とマッチするようです。

そして白は洗面所のタオル入れに被せてみました。

タオルのごちゃごちゃした色が見えなくなって、すっきりと清潔感のある空間になりました。

20年の時を経て、やっと魅力を活かすことができて安心しました。
皆さんも、もし大事にしまったままのお気に入りの物があったら、思い切って取り出して、もっと快適な居場所を探してあげてみてください。