アメリカに流行りはないの?

今日はアメリカ南部で人気のあるインテリアグッズについて、アメリカ在住の友人から聞いたお話しです。

南部の人たちが、好んで室内に飾るのがこちら。

聖書の言葉や、愛に溢れた言葉が書かれたおしゃれなプレートです。

日本人の私達は、英語の意味はあまり関係なく、雰囲気だけで買ってしまいそうですが、きっと彼らにとっては言葉の意味が一番重要なんでしょうね。ところで、私がなぜアメリカ南部と限定しているかと言うと、日本で「今全米で大人気!」などと紹介されている物のほとんどは、ニューヨークやロスアンゼルスなど一部の地域で流行っているだけで、決してアメリカ全土で流行っているわけではないらしいのです。

実際、私がテレビの情報番組で「全米で話題沸騰」と伝えているニュースを、友人に本当なのかどうか聞いてみても、友人がそれを知っている試しがないのです・・・

と言うことで、今回ご紹介したプレートは、敬虔なクリスチャンが多い南部で、好んでインテリアに取り入れられているそうです。
カントリーミュージックのメッカの地でもあることから、カントリー色の濃い物が好まれる傾向もあるそうです。

確かに広大な土地を持ち、人種のるつぼであるアメリカで、みんなが同じものを好むはずもありませんね。

しかも、友人曰く日本人は流行っているかそうでないかをとても気にするけど、アメリカ人にとって流行っているかどうかはそこまで重要なことではないそうです。

私達も今流行りだからインテリアに取り入れてみようではなく、本当に自分が好きだなと思った物を、自信をもって選べるようになれたら良いですね。