可愛いナンキンハゼの実で秋を演出

気がつけば秋真っ盛り。

夏の生活用品を秋冬物に替えることで手一杯で、お部屋のインテリアの模様替えまではなかなか行き届かないのが現状ですよね。

でも、ちょっと息抜きがてら外をお散歩してみると、秋のインテリアにぴったりな材料を見つけることが出来るんですよ。

毎年私が楽しみにしているのは、紅葉も美しいこちらの木。
公園や街路樹にも良くあるので、名前は知らなくても見たことがあると言う方もいらっしゃるかもしれません。

この木は”ナンキンハゼ”と言って、秋になるととっても可愛い白い実をつける木なんです。
そして、寒くなるとともに、その実がどんどん地面に落ちて来ます。
実の上を歩くとパチパチと心地よい音がして、子どもじゃなくてもちょっと楽しくなってしまいます。

今回はこのナンキンハゼの実を少し拾って、インテリアに活用しちゃいます。

10分程度でこれだけ拾いました。
手に持っただけで既に可愛いと思いませんか?

さて、持ち帰ったナンキンハゼの実をちょっとお掃除してから、一緒に拾ってきた赤い落ち葉も散りばめて、窓際に飾ってみました。束にして秋色のリボンを付けると、今流行りのスワッグの出来上がりです

そんなに時間もお金もかけることなく、我が家でも秋を感じる空間を演出することが出来ました。