住まいリング させぼ

スラックスハンガーで解決!マフラー・ストールの楽チン収納

Share on

今年の冬は例年以上に寒さが厳しいですね。

私が住む福岡にも先日はめずらしく雪が積もり、近所のあちこちで小さなかわいい雪だるまを目撃しました。

ほっこりと寒さも和らぐ心地がしましたが、家の中の現実は、ストーブとエアコンを併用する毎日・・・来月の電気代がおそろしいです。

さて、こんな寒さ続きの毎日に活躍するのがマフラーやストールですが、案外困るのがその置き場所です。

今日は私が今年から始めた、「楽」を追求したマフラー・ストールの収納方法についてお伝えします。

数が増えると手間も増える!だから「楽」が大事です

皆さんは何枚のマフラー・ストールをお持ちですか?

私は現在6枚所有していますが、その年の気温やよく使うコートなどによって「いつも使うマフラー・ストール」が決まってくるので、シーズンのレギュラーとなるのは1,2枚程度。

そのシーズンに使わないものはタンスに入れたままにしていたので、特に管理に気を使わなくても散らかったりすることはありませんでした。

しかしコロナ渦の今年、頻繁に洗濯をしないマフラーやストールは毎日同じものを使わないのが望ましいと、テレビで感染症の専門家の方が話しているのを聞いて、例年通りの使い方ではちょっと不安だなと感じました。

そこで今年の冬は何枚かのマフラー・ストールをローテーションで使おうと考えたのですが、数が増えるといういことは片づけの手間も増えるということです。

これまでのように適当にバッグ置場にまるめて置いたり、コートと一緒に無造作にハンガーにかけて収納していては、うまくローテーションを回すことも出来なくなってしまいます。

今年はしっかり定位置を決め、取り出しやすく戻しやすい収納を考えることにしました。

トライ&エラーで見つける最適収納

私のクローゼットエリアには、一度着たけれどまだ洗濯はしない衣類を収納するためのスペースを作っています。

毎回洗濯をしないマフラーやストールも例年このスペースに置くことが多かったため、収納場所はこのまま同じ場所が良いと判断しました。

最初はカゴなどを置いて、まるめてポイが良いのではと思いましたが、私の場合、重ね置きして下の方に埋まったものを使わなくなる可能性があります。

そこでクローゼットの隅で余っていた、複数枚用のスラックスハンガーを使ってみることにしました。

きれいに収めるには3枚がけが限界ですが、コンパクトで良い感じに収まっています。

横が開いているのでスライドして取り出すことが出来るのも使いやすそう。

早速、収納場所にかけてみました。

他の衣類も入った場所では、ストールの大部分がかくれてしまい、ちょっと選びづらそうに感じます。

実際にストールを出し入れしてみると、他のストールに干渉して微妙に出しづらく、戻す時も同様に、一枚をかけたいだけなのに他のストールまでズレてしまったりして、気持ちよく使えません。

こんな小さなストレスが片づけのハードルを上げることもあるので、このスラックスハンガーは残念ながら却下です。

だけどスライドしてストールを取り出せる点は良かったので、同じスラックスハンガーでも、一枚ずつかけるタイプのハンガーに変えてみました。

前のハンガーより収納スペースが必要になりますが、取り出しやすさ、戻しやすさは断然こちらの方が上です。

省スペースが大事な時もありますが、ズボラな私の場合、優先すべきは「楽」であること。

ちょっと片づけが面倒だなと思う時でも、少ない動作でさっとかけることが出来るというのが大切なポイントです。

自分が管理しやすい枚数を考慮し、今年はこの3枚のストールをレギュラーとして、スラックスハンガーにかけて収納することにしました。

今のところその辺に放置するようなこともなく、しっかりローテーションで使いこなすことが出来ています。

また、クローゼットエリアに収納するものとは別に、毎日の犬の散歩などに使うダウンジャケットやマフラーはセット化して玄関にかけています。

このコートにはこのマフラーというように決まった組み合わせがある時は、セット化してハンガーにまとめてかけてしまうと管理がぐっと楽になるのでオススメです。

マフラー・ストールを干す場所に困ったら

最後に、マフラーやストールの洗濯で役立つアイテムをご紹介します。

大ぶりのマフラーやストールを洗濯した後、干す場所に困った経験はありませんか?

そんな時、ピッタリなのがバスタオル用のハンガーです。

普通のハンガーを使用すると、布を折り曲げて干すことになると思いますが、バスタオル用ハンガーなら折り曲げる必要がないので早く乾きます。

形や素材、お値段も、いろいろなバスタオル用ハンガーが販売されていますが、私が愛用しているのは100均で購入した2つ折りに出来るプラスチック製のもの。

無骨な(?)太いプラスチックのおかげで、干していてもハンガー跡がつきにくいため、袖の伸びやすいカーディガンなどをハンガーで干したい時にも重宝しています。

プチプラからお試し出来るので、1本持っておくと何かと便利ですよ!お試し下さい。

Share on