住まいリング させぼ

オリーブを食べるにもお洒落なフランス人「佐世保でフランスな器」。

Share on

今回もフランスならではの雑貨をご紹介させていただきます。

佐世保でも、どこでもすぐに取り入れられるのが器の魅力

南フランスで購入して来たオリーブ柄の可愛いこのお皿、中に小さな容器が2つもくっついています。

横からも見てみると、何か文字が書いてありますね。

さあ、これは何のためのお皿でしょうか?

ピンと来られた方いらっしゃいますか?

実はこれは絵にも描かれているように、オリーブを入れる専用のお皿なんです。
小さな容器の左側には”noyaux”右側には”piques”と書いてあって、左が種入れ、右が爪楊枝入れになっています。

オリーブと言えばイタリアが一番に思い浮かぶかもしれませんが、フランス人もオリーブが大好き、地中海沿岸の南フランスでは栽培が盛んにされています。

フランス各地、どこのマルシェに行っても、沢山の種類のオリーブが量り売りされているんですよ。

ニンニク入り、レモン入り、アンチョビ入り、ハーブ風味etc どれも美味しそう。

黒オリーブも魅力的。

ちなみに私はアンチョビペースト入りのオリーブが一番お気に入りです。
食べやすくて、オリーブの味に慣れない日本人にもおすすめです。

さあ、久しぶりにオリーブを買って来たので、フランス式アペロ(一杯飲む)でも始めちゃおうかしら。

こちらの記事も読まれています
▶︎5月1日は”スズランの日”のフランス
▶︎お正月のお花をフランス風にリメイク

0 コメント
インラインフィードバック数
すべてのコメントを表示

Share on

PAGE TOP